お尻に黒ずみができてしまう原因と改善方法

お尻は自分で確認することが少ない部分ということもあり、肌トラブルが起きていても気づくのが遅くなってしまうこともあります。
きれいな状態を保つためにも、お風呂タイムなどを利用してチェックを行っておくことがおすすめです。
hako
お尻の肌トラブルとしては黒ずみができてしまうことがあげられます。普段は洋服で隠れていますが、水着などの場合はかなり目立ちますのでやはり改善しておきたいところです。
まず、黒ずみが発生する原因としては古い角質が剥がれずに残っているということがあげられます。改善策としては肌のターンオーバーの機能を促進することが大切ですので、スクラブやピーリング石鹸、ジェルなどを利用して古い角質を剥がしやすくしていくことがあげられます。

そして下着や洋服によるスレも黒ずみの原因となります。長時間のデスクワークなどで座っている時間が長い場合は外的な刺激も受けやすくなります。改善策としてはクッションに工夫したり、下着の素材を選び直すなども考えてみましょう。
サイズの合わない下着、締め付けの強いガードルなども黒ずみを起しやすいので注意します。

さらにお尻はニキビや吹き出物のできやすい部位ですので、ニキビ跡が黒ずみとなって残ってしまうこともあります。
この場合もターンオーバーを促進するためにピーリング剤などを利用するのも改善に役立ちますし、色素沈着がある場合は美白化粧品などで対応してみるのもおすすめです。

そして肌の乾燥も黒ずみを増やしてしまうことにつながりますので、入浴後はしっかり保湿ケアを行っておきましょう。
睡眠不足も肌のターンオーバーの機能を落としてしまいますので、良質な睡眠をとることも改善に役立ちます。
お尻の黒ずみはすぐに改善するわけではないものの、毎日丁寧にケアをしていくことで少しずつきれいになっていきます。
より早い改善を望むのであれば、医療機関やエステサロンでの高品質なピーリングやレーザー治療なども検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>