コラーゲン不足になりがちな人の特徴とは

serebuppo

女性の皆さんが気にするお肌の悩み。乾燥やシミ、ソバカスやにきびなど様々な悩みがあると思います。そんな敏感なお肌に欠かせないのがみなさんご存知のコラーゲン。そもそもコラーゲンとは、タンパク質の一種のこと。人間の身体の皮膚はもちろん、関節や血管にも成分が含まれています。そしてお肌に影響する成分は皮膚に含まれているのですが、その役割としてお肌をみずみずしく保ちハリを与え、さらに肌トラブルを起こしにくくするという素晴らしい役割を担っています。

しかしその重要な成分が不足することによって女性の肌の悩みと繋がっていきます。お肌の悩みをどのように対処したらいいかわからない…という方も多いのでは?そこで気にしてもらいたいのがコラーゲン不足。これから紹介する症状に当てはまる方はコラーゲン不足かもしれません。代表的な症状といえば、肌の乾燥やしみ、老化が目立つなどの症状です。

そして驚きなのが、髪のボリュームがなく、トリートメントをしてもいまいち効果が感じられない…といった症状もコラーゲン不足のひとつということ。コラーゲンは肌だけではなく髪にも影響しているのです。そのほかにも、タバコを吸っている人や睡眠不足、ストレスを溜め込んでいるといった方はコラーゲン不足の可能性が高いです。特に皮膚でいうと、30代~40代をピークにコラーゲンの量が減っていくようです。もちろん20代の方でもダイエットや喫煙によってこれらの症状が気になり始めたら要注意!

積極的に鶏や豚、牛を摂取するようにしていきましょう。カロリーが気になる…という方もいると思いますが人間の身体をしっかり作っていくのに大切な栄養素となるのでダイエットはほどほどに。そしてこれらを摂取するのは夜の就眠時に摂取するのがおすすめです。食事として摂取するのは肌に反映されるまで少し時間がかかってしまうようですが、今後の食事に気をつけて綺麗な肌をゲットしちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>