顔にできてしまった埋没毛は改善できる?

埋没毛が出来てしまう大きな原因は、毛抜きやカミソリなどによる間違った自己処理にあります。カミソリは、肌の表面も一緒に傷つけてしまい、毛抜きは無理やりムダ毛を引っこ抜いてしまうので、両方とも肌にとても大きい負担をかけてしまっています。中途半端に毛根だけが残ってしまうと、それが引き金となり最終的に埋没毛となってしまいます。

間違った自己処理を続けてしまうと、炎症や黒ずみなど、肌トラブルが頻繁に起こりやすくなります。埋没毛というのは、毛穴から上手く出てこれていない毛がそのまま成長をして、他の組織を傷つけて炎症が起きているという状態のことを言います。顔に出来てしまった埋没毛は、無理やり出そうとしてしまうと余計に肌が傷つくので、出来るだけ早く皮膚科もしくは医療クリニックに相談すると良いでしょう。何もしないまま放置してしまうと、逆に炎症を起こしてしまって、そこからニキビのようになる場合もあります。

医療クリニックでは、レーザー脱毛を使って埋没毛自体の組織を壊して、成長を止めてくれる働きがあります。そのため埋没毛を改善させる方法としては、医療レーザーを利用した脱毛が効果的です。レーザー脱毛の仕組みとしては、黒いものに反応するのでそれを生かして、メラニン色素の組織を壊して行きます。

脱毛サロンでも似たような脱毛は存在しますが、出力が医療クリニックと比べて弱いので、改善することが出来ません。自宅などで処理をしたい場合は、出来るだけ肌に負担をかけない電気シェーバーで行うと、埋没毛にはなりにくいです。自己処理で済ます時は、清潔な状態でムダ毛が抜けやすいように、お風呂上がりの際に行うと良いです。そして処理後は、必ず保湿を怠らないようにして下さい。肌が乾燥してしまうと、埋没毛以外の肌トラブルも起こってしまう場合があるので、保湿は大切です。顔に出来た時は気になって触ってしまうことが多いですが、清潔を保つためにあまり触れないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>